コロナ禍で、リモートワークなど非接触を保つ状況が続いています。
令和2年の自殺者数は21,081人、対前年比912人(約4.5%)増で、コロナにより生活が大きく変わったり、社会との接点が減ったりした影響が現れていると考えられています。診療報酬改定で、自殺対策が盛り込まれました。

今回の診療報酬改定では、精神科のかかりつけ医機能について新設されました。
孤独・孤立による影響等により精神障害又はその増悪に至る可能性が認められる患者に対して、かかりつけ医等及び精神科又は心療内科の医師等が、自治体と連携しながら多職種で当該患者をサポートする体制を評価するもので、かかりつけ関連と自殺企図者の入院にかかる内容です。

専門医療機関と連携を構築しこころのケアにあたる体制があるとして、4月に施設基準を届出た医療機関と、それらの医療機関から紹介を受けるなどして、専門的な治療を担う地域の医療機関が見えていきました。

◆こころの連携指導の体制など地域の精神医療(2022/6/17時点)

地域によって出足が違うようです。また、かかりつけ医としてこころのケアにあたる医療機関の標榜科についても、地域によって特徴があるようです。

ケアを必要とする患者が、地域のセーフティネットから、専門的医療に繋がりやすくなることが、自殺企図などの件数を減らすことにもつながっていきます。

■ミーカンパニーについて
ミーカンパニー株式会社は、2010年設立以来、医療機関・薬局・介護データベース「SCUEL®(スクエル)データベース」を構築してきました。「データでこれからの日本の医療・介護を支えること」を事業理念とし、高鮮度で精緻なデータベースの提供を通じて、地域包括ケアシステムの実現や、患者と医療、家族と介護をつなぐことを推進します。

■本件に関するお問い合わせ先
ミーカンパニー株式会社
〒160-0004
東京都新宿区四谷4-33-2 マーキュリースクエア2F
電話番号:03-6273-1990
メールアドレス:pr@mecompany.me
ホームページ:https://mecompany.me/