「SCUEL DATA REPORT」   
~激変する医療業界を、弊社の高鮮度で精緻なデータベースの数字から読み解く。

◆SCUEL DATA REPORT ~ 「地域のCT MRI 充足状況」Vol.14 

■医療資源を重点的に活⽤する外来

”現在、外来機能報告(仮称)を創設することで、新たに「医療資源を重点的に活用する外来」(仮称)を地域で基幹的に担う医療機関(紹介患者への外来を基本とする医療機関)を、地域の実情を踏まえつつ、明確化することが検討されている。”

(令和3年9月15日「外来機能報告等に関するワーキンググループ」)

来年以降どういった医療機関が「医療資源を重点的に活用する外来」としての地域の役割を担うのか?「高額等の医療機器・設備を必要とする外来」の視点から地域の今と少し先の姿を読み解くことにお役立ていただけると幸いです。

■ホワイトペーパーでは、以下の数値を掲載 
(2021年4月時点。既に閉院になった医療機関は含みません)

  • 2021時点 「CT撮影及びMRI撮影」の施設基準の届出の内訳

二次医療圏別に 次の件数

  • 64列以上 のマルチスライスCT装置
  • 16列以上 64列未満 のマルチスライスCT装置
  • 4列以上 16列未満 のマルチスライスCT装置
  • 3テスラ以上 のMRI装置
  • 1.5テスラ以上3テスラ未満 のMRI装置

また

  • 3テスラ以上のMRIの設備をもつ医療機関
  • 64列以上のマルチスライスCT装置をもつ医療機関

を地図にプロットいたしました。

図は分析例
(詳細をご希望の場合は弊社までお問い合わせください)

■ 医療機器データセットについてはこちら

https://scueldata.me/dataset/medical-equipment/

◆SCUEL DATA REPORT Vol.14
医療機関が厚生局に届出ている「CT撮影及びMRI撮影」について調査しました。
下記のフォームより、PDF資料をダウンロードいただけます。

こちらの「個人情報の取扱いについて」をお読みになり、ご同意ください。

■ミーカンパニーのプレスリリース⼀覧
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/11087