薬局の店舗戦略を「処方箋受付回数・集中率」から読み解く。
スクエル® 薬局分析サービス「SCUEL BI 」を開始

〜 保険薬局の新規出店、M&A、在宅展開、競合分析など 〜


ミーカンパニー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:前田 健太郎 以下 「当社」)は、医療機関・薬局・介護データベース「SCUEL®(スクエル)データベース」の強みを活かし「 SCUEL BI(スクエル・ビーアイ)」の薬局向け分析サービスの提供を開始。当社が保有する調剤薬局の実績データセットから地域医療を可視化します。

<SCUEL BI エリアマーケティンングで分析できること>

Point1. 地域ごとの処方箋受付回数と集中率分析


全国に6万店舗近く保険薬局が存在し、当社はその90%を超える保険薬局の処方箋受付回数データを保有。SCUEL BIでは地域ごとの処方箋受付回数のシェアを簡単に集計することができます。

処方箋受付回数
処方箋の受取量(応需)を把握するデータ項目で、保険薬局の調剤基本料を決める重要なデータです。

集中率
薬局と医療機関との関係を把握するデータ項目で、特定の医療機関から集中して処方箋を受けている状況を表します。

エリア内の薬局の数値を比較
処方箋受付回数、集中率、カットオフ、在宅患者数、施設基準

Point2. 診療報酬改定の影響の把握


2020年診療報酬改定で減収の可能性がある調剤薬局をSCUELデータベースを活用して可視化。調剤基本料1を算定している薬局は、保険薬局全体の 3/4(約76%)存在し、このうち一部の薬局は、調剤基本料2に変更となる診療報酬改定となりました。(調剤基本料が、処方箋一枚あたり 420円から260円への減収 ※となります。)

減収の可能性がある調剤薬局を、受付回数と集中率と施設基準とで確認

※ 令和2年度診療報酬改定について(厚労省)より引用
https://www.mhlw.go.jp/content/12400000/000608537.pdf

Point3. 外来患者数とエリアのシェアの把握


医療機関の外来患者数 / 処方箋総数の推測ができます。処方箋の概ね8~9割が同一番地または250m圏内で調剤薬局に受け付けられる傾向があります。これを元に、周囲の250m範囲内の調剤薬局が受け付けている処方箋を合計することで、医療機関(院内処方を除く)の外来患者数や、処方箋の総枚数の推測に役立ちます。

任意のエリアでの 処方箋総数 と 各薬局での処方箋応需量からシェアを算出

近隣の病院や診療所が、院内処方であるのか、院外処方であるのかの情報もあわせて表示。(病院については、院内処方の併用のケースも含みます)

Point4. 店舗ごとの薬剤師の人員体制の変化を知る(月次変化)


処方箋を一日に受け付けられる上限は 薬剤師1人につき40枚
(処方箋発行元の医療機関の診療科で異なる場合があります)
薬剤師の人員体制は、受付できる処方枚数だけでなく、在宅患者への対応など対人業務にも大きく影響します。

・常勤薬剤師 /  非常勤薬剤師の人員体制の検討
・在宅患者への調剤サービスが可能かどうかの経営判断へ

各薬局の人員体制も確認が可能です。

薬局ごとの常勤薬剤師および非常勤薬剤師の人数の変化を月次で確認

診療報酬改定による病院の薬剤師の評価や、薬機法改正による「地域連携薬局」、「専門医療機関連携薬局」などの体制への準備を検討されている薬局もあるかと思います。

一方で、新型コロナウイルス感染症で、患者が受診を控える傾向が続くことでの、処方箋の発行量そのものの減少、時限的に解禁された、オンライン診療や特区だけで認められていたオンライン服薬指導(情報機器等を使った服薬指導)などへの対応、診療報酬改定での新たな医薬連携への模索など、様々な課題が多い状況が続きます。
これら人員体制に関係する薬局の経営課題の検討などでお役立ていただけます。

Point5. 地域の将来の外来患者数シミュレーション


自局がある地域では、5年後 10年後…外来患者数はどうなっていくのか
若年層、就労者、高齢者、それぞれの外来患者数はどうなっていくのか?

将来の外来患者数を世代別に予測することで

・地域が薬局に求める薬局サービス (がん治療?在宅?生活習慣病?…)
・調剤業務重視なのか、セルフメディケーションや一般医薬品なども必要なのか

などを検討する材料となります。

任意の市区町村で世代別の外来患者の推移を比較

■SCUEL® BI(スクエル・ビーアイ)紹介サイト
https://scueldata.me/service/pharmaceutical/

■SCUEL®(スクエル)データベースとは
機械学習を通じたデータ収集技術と、ビッグデータ前処理技術を駆使し磨き上げたオープンデータです。処方箋受付回数や集中率など、調剤薬局の実績データに加え、当社の最大の強みでもある医療機関・薬局・介護データベース「SCUEL®(スクエル)データベース」の各種データを活かし、地域の医療提供状況の今を鋭く読み解いていきます。

■ミーカンパニーについて
ミーカンパニー株式会社は、2010年設立以来、医療機関・薬局・介護データベース「SCUEL®(スクエル)データベース」を構築してきました。「データでこれからの日本の医療・介護を支えること」を事業理念とし、高鮮度で精緻なデータベースの提供を通じて、地域包括ケアシステムの実現や、患者と医療、家族と介護をつなぐことを推進します。

■本件に関するお問い合わせ先
ミーカンパニー株式会社
〒160-0004
東京都新宿区四谷4-33-2 マーキュリースクエア2F
電話番号:03-6273-1990
メールアドレス:pr@mecompany.me
ホームページ:https://mecompany.me/