スクエル、開業/開局店舗開発・診療圏分析などを⾏うGIS利⽤者向けに、経営的価値分析のできる医療機関・薬局データベースの販売を開始

ミーカンパニー株式会社

ご利⽤中のGISソフトに、外来受付時間・開局時間・処⽅箋枚数・在宅診療データなど組み込むご提案

ミーカンパニー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:前⽥ 健太郎 以下 「当社」)は、2010年設⽴以来、医療機関・薬局・介護データベース「SCU EL®(スクエル)データベース」を構築。
このたび、この⾼鮮度で精緻なデータベースの⼀部を GIS利⽤者、およびGISソフトベンダー向けに編成し販売を開始しました。

SCUEL DATABASE for GIS

主に業務システムの顧客管理⽤途でご利⽤いただいてきたSCUELデータベース
様々な管理⽤途で⼒を発揮してきた当社のSCUELデータベースを、GISで利⽤しやすいデータ構造に編成。
「SCUEL DATABASE for GIS」で、GISソフトや、貴社の社内データと地図情報とをあわせ、新たな経営的価値を⾒出すことにお役⽴ていただけると考えます。

<例えば>
◆既存のGISソフトだけでは見えてこないもの

他事業所の、職種別スタッフ数などのポテンシャル、訪問診療回数や在宅患者数、処方箋枚数などの実績、自宅や医療機関で看取りを行った患者数など、そのエリアで提供されている個々の医療サービスの状況を、既存のGISソフトだけで把握するのは困難でした。

<分析例>
◆診療圏分析
・調剤薬局様のGISでの出店計画に医療情報を追加して分析
・無床診療所開業するにあたって、地域の在宅サービス量×診療科情報を付加してGIS分析
・診療時間×スタッフ数などのポテンシャル×診療科の情報を付加し、GISでの連携先検討

<例えば>
◆外観だけでなく実績や体制などの情報を既存のGISソフトに付加することで見えてくるもの
他事業所の、体制やポテンシャルや実績の情報を既存のGISソフトに付加することで、様々なシチュエーションでの分析が可能となってきます。

<分析例>
◆ビジネスインパクト分析
・災害時の対策_他の医療機関の診療科や従業員体制の情報をGISに付加し、非常時のアライアンス先を検討
・エリア内の他の医療資源の情報をGISに付加することで備蓄や緊急連絡網などのBCP対策検討
◆マーケティング環境分析
・GIS情報に、実際の在宅医療患者数などの情報を付加することで、在宅医療のエリアニーズ分析や訪問診療の移動の効率化、広告や健康講座などイベントの検討
・処方箋枚数や診療時間、スタッフ、標榜科などの情報をエリア情報に付加することで、地域包括ケアとしての医科 歯科 調剤薬局などの連携先 検討
…など


<データベース 項目例>
◆事業所情報
名称
住所
郵便番号
都道府県コード
市区町村コード
◆標榜する診療科名
◆曜日別 受付時間
外来受付時間
薬局の営業時間
◆常勤_人数・非常勤_人数
医師
歯科医師
薬剤師
看護師
准看護師
理学療法士
作業療法士
言語聴覚士
助産師
臨床工学技士
◆実績関連
在宅関連項目(患者数、訪問診療回数、診療期間…)
処方箋枚数     …など

※項目はご契約により異なります
(詳細につきましては、恐れ入りますが下記からお問い合わせくださいませ。)

■ミーカンパニーについて
ミーカンパニー株式会社は、2010年設立以来、医療機関・薬局・介護データベース「SCUEL®(スクエル)データベース」を構築してきました。「データでこれからの日本の医療・介護を支えること」を事業理念とし、高鮮度で精緻なデータベースの提供を通じて、地域包括ケアシステムの実現や、患者と医療、家族と介護をつなぐことを推進します。